【卓球 男子ワールドカップ2019:結果まとめ】張本選手が準優勝!アーカイブ動画情報も有り

こんばんは。らっこです。

11月29(金)~12月1(日)に行われた卓球 男子ワールドカップ2019の結果をふりかえります。

 

張本選手が準優勝でした。おめでとうございます!

オリンピック代表争いでは、2枠目を狙う丹羽選手が今大会でポイントを伸ばしています。(張本選手は代表ほぼ確定)

この先はノースアメリカンオープンとグランドファイナルの2大会のみ。

最後までしっかり応援しましょう!

 

このページはこちらの内容に興味がある方におすすめ
  • 卓球 男子ワールドカップ2019の各種目の優勝・準優勝
  • 決勝戦・3位決定戦のアーカイブ動画
  • 主な日本選手の結果
  • 東京オリンピック代表候補の現在のポイント状況

卓球 男子ワールドカップ2019:決勝結果・決勝戦アーカイブ動画を紹介

卓球 男子ワールドカップ2019の優勝・準優勝の選手を紹介します。

決勝戦・3位決定戦のアーカイブ動画もありますので、熱い戦いを是非ご覧ください!

 

優勝  樊 振東(中国)

準優勝  張本 智和(日本)

3位   林 昀儒(台湾)

4位   馬 龍(中国)

 

«男子ワールドカップ2019|決勝 樊振東 vs 張本智和»

 

«男子ワールドカップ2019|3位決定戦 林昀儒 vs 馬龍»

 

卓球 男子ワールドカップ2019:日本選手の試合結果

卓球 男子ワールドカップ2019の日本選手の試合結果です。

準優勝 張本 智和

BEST8 丹羽 孝希

 

東京オリンピック代表候補の現在のポイント状況

卓球 男子ワールドカップ2019の結果を、代表選考に有効なポイント(2020年1月時点)に反映しています。

すでにオリンピックシングルス枠でほぼ代表確定の張本選手が、さらにポイントを伸ばしました。

二番手争いでも、今大会に出場した丹羽選手が水谷選手を495ポイントリードしています。

まだグランドファイナルの結果によっては水谷選手も逆転可能なので、最後までまだ分からないですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です