【卓球 2021世界卓球選手権(個人戦):日本代表選考合宿】8/30(月)~9/2(木)の試合結果や概要をまとめました。

こんばんは。らっこです。

オリンピックと甲子園が終わり、夏の大型行事は今週末までのパラリンピックで落ち着きますね。

パラリンピックはTV放映が少ないので、ちょこちょこNHKの動画でチェックしています。

卓球以外では、目隠しをして音を頼りにボールを投げる「ゴールボール」が見ていて面白かったです。

 

さて、オリンピックが終わったばかりなのですが、卓球界は2024年のパリ大会に向けて動き始めています。

8/月30日(月)~9月2日(木)の日程で行われているのが、2021世界卓球選手権(個人戦)ヒューストン大会の代表選手選考合宿です。

世界選手権はポイントが高く世界ランキングを上げるチャンスなので、選手たちにとっても正念場といえます。

この合宿には次世代の有力選手も多く参加していますので、パリに向けてチェックしていきましょう。

 

このページはこちらの内容に興味がある方におすすめ
  • 2021世界卓球選手権代表の選考基準とは?
  • 代表選手選考合宿ってどんな大会なの?
  • 有力選手は誰が出場しているの?
  • 試合結果・試合動画をチェックしたい!

世界卓球選手権代表(個人戦)の残り枠は男女各2名!

世界卓球選手権は、国際卓球連盟が主催する国際大会で、2021年のアメリカ・ヒューストン大会は、11月23日~11月29日の日程で開催されます。

個人戦と団体戦が隔年で開催され、2021年は個人戦で戦います。

日本代表のエントリー枠について

日本からエントリーする選手の枠がこちら。

  • 男子シングルス:5名
  • 女子シングルス:5名
  • 男子ダブルス:2ペア
  • 女子ダブルス:2ペア
  • 混合ダブルス:2ペア

シングルスの選出については、「世界ランキング(6/15時点)100位以内の選手がいれば1名出場枠追加」「世界ランキング(6/15時点)20位以内の選手がいれば1名出場枠追加」というルールがあります。

日本はどちらも満たしていたため、原則3名のところが5名出場可能となりました。

 

東京オリンピックの出場選手は代表内定

日本卓球協会の定める代表選手の選出基準は4つあります。

  1. 2021年6/15発表のWR20位以内の日本人最上位選手:1名
  2. 2021年6/15発表のWR100位以内の日本人最上位選手:1名 ※上記のWR20位以内の日本人最上位選手を除く
  3. 東京オリンピックにて種目に関わらずメダル獲得した選手
  4. 国内選考会の上位から出場枠に達するまで

6/15の時点で(1)(2)を満たすのはオリンピック代表選手でした。

さらに、男女ともに団体戦でメダルを獲得し(3)の条件を満たしたことにより、以下のオリンピック代表選手全員が代表に内定しています。

男子

  • 水谷隼:混合ダブルス金メダル・団体銅メダル
  • 張本智和:団体銅メダル
  • 丹羽孝希:団体銅メダル

女子

  • 伊藤美誠:混合ダブルス金メダル・団体銀メダル・シングルス銅メダル
  • 石川佳純:団体銀メダル
  • 平野美宇:団体銀メダル

シングルスの代表選手は5名のため、代表選手選考合宿では残り2名の枠を争うことになります

ただし、水谷選手はオリンピック終了後に競技の第一線からは退く意向であるため、代表から外れる可能性が高いでしょう。

水谷選手が外れる場合は、男子は3名がこの選考合宿で選出されます。

 

代表選手選考合宿はどうやって戦うの?

新潟県新発田市で開催される4日間の合宿に参加するのは、日本卓球協会が定める出場資格に該当する男女各24名。

4ブロックに6名ずつ分かれ予選リーグを行い、各リーグの1位・2位が決勝リーグに進出します。

そして、決勝リーグの1位・2位(※世界ランクキング256位以内が必須条件)が代表権を獲得します。

予選リーグ・決勝リーグ共に総当たり戦なので、選手は4日間で12試合行います。

合宿と名付けられるだけあって過酷な試合数ですよね。

 

有力選手は誰が出場しているの?

東京オリンピック組が出場しないなか、注目となるのはやはりオリンピックでリザーブ(補欠)を務めた早田ひな選手と宇田幸矢選手でしょう。

かつて、リオのリザーブを経験した平野美宇選手は、目の前でメダルを獲得する選手を見て奮起しました。

今回、東京オリンピックに参加した早田選手・宇田選手にも同じような気持ちになったのではないでしょうか。

また、コロナの蔓延により中止となった2020年の世界卓球選手権には、森薗政崇選手と佐藤瞳も出場する予定でした。「今年こそは!!」という思いも強いはずです。

 

試合結果・試合動画をチェックしたい!

試合結果

9月2日(木)に全日程が終了しました。

決勝リーグの最終結果はこちら!!

男子最終結果

 

1位 宇田幸矢(明治大学)

2位 森薗政崇(BOBSON)

3位 戸上隼輔(明治大学)

4位 木造勇人(愛知工業大学)

5位 及川瑞基(木下グループ)

6位 篠塚大登(愛工大名電高校)

7位 田中佑汰(愛知工業大学)

8位 平野友樹(協和キリン

女子最終結果

 

1位 早田ひな(日本生命)

2位 芝田沙季(ミキハウス)

3位 橋本帆乃香(ミキハウス)

4位 木原美悠(JOCエリートアカデミー/星槎)

5位 長﨑美柚(日本生命)

6位 安藤みなみ(トップおとめピンポンズ名古屋)

7位 佐藤 瞳(ミキハウス)

8位 大藤沙月(四天王寺高校)

1位の宇田幸矢・早田ひなは決勝リーグ7試合のうち6勝をあげています。

全勝とはなりませんでしたが、オリンピックのリザーブ組が強さを見せつけました。

 

試合動画

代表選手選考合宿のTV放映はありませんでしたが、テレビ東京のYouTubeチャンネルで動画を見ることができます。

YouTube:テレビ東京卓球チャンネル

気になる方は是非チェックしてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です