【卓球 第25回アジア選手権大会:結果まとめ】日本代表は女子シングルス含め4種目で優勝!!

こんにちは。らっこです。

 

2021年9月28日(火)~10月5日(火)に開催された『第25回アジア選手権大会』が終了しました。

女子団体 日本(早田ひな・佐藤瞳・芝田沙季・長﨑美柚・安藤みなみ) 優勝!!

女子シングルス 早田ひな 優勝!!

男子ダブルス 宇田幸矢/戸上隼輔ペア 優勝!!

混合ダブルス 戸上隼輔/早田ひなペア 優勝!!

4種目で日本選手が優勝しました。

女子シングルスの早田ひな選手と、混合ダブルスの戸上隼輔/早田ひなペアは、直前に行われたWTT スターコンテンダー ドーハ大会に続く優勝です。

おめでとうございます。

 

次に日本代表選手が参加する国際大会は、11月に開催される『2021世界卓球選手権ヒューストン大会(個人戦)』の予定です。

アジア選手権に参加した選手からは、宇田幸矢・戸上隼輔・早田ひな・芝田沙季の4名が出場します。

→世界卓球選手権ヒューストン大会(個人戦)の代表選手についてはこちら

 

では、早速『第25回アジア選手権大会』の最終結果について振り返りましょう。

→第25回アジア選手権大会の概要はこちら

→第25回アジア選手権大会・日本選手のアーカイブ動画はこちら

 

このページはこちらの内容に興味がある方におすすめ
  • 各種目の優勝・準優勝は誰?
  • 決勝戦のアーカイブ動画を見たい
  • 日本代表選手の最終成績を知りたい

第25回アジア選手権大会:各種目の決勝結果とアーカイブ動画

男子団体

優勝  韓国

準優勝  台湾

 

女子団体

優勝  日本(早田ひな・佐藤瞳・芝田沙季・長﨑美柚・安藤みなみ)

準優勝  韓国

 

男子シングルス

優勝  李尚洙(韓国):WR22

準優勝  荘智淵(台湾):WR27

荘智淵(台湾):WR27 12 6 6 11 8 2
李尚洙(韓国):WR22 10 11 11 7 11 3

 

女子シングルス

優勝  早田ひな:WR27

準優勝  シン・ユビン(韓国):WR80

シン・ユビン(韓国):WR80 11 4 8 4 1
早田ひな:WR27 7 11 11 11 3

 

男子ダブルス

優勝  宇田幸矢/戸上隼輔

準優勝  チャン・ウジン/イム・ジョンフン(韓国)

チャン・ウジン/イム・ジョンフン(韓国) 11 8 11 9 1
宇田幸矢/戸上隼輔 13 11 8 11 3

 

女子ダブルス

優勝  田志希/シン・ユビン(韓国)

準優勝  杜凱琹/李皓晴(香港)

田志希/シン・ユビン(韓国) 11 7 11 11 3
杜凱琹/李皓晴(香港) 5 11 3 4 1

 

 

混合ダブルス

優勝  戸上隼輔/早田ひな

準優勝  チャン・ウジン/田志希(韓国)

戸上隼輔/早田ひな 6 11 11 11 1
チャン・ウジン/田志希(韓国) 11 9 7 9 3

 

第25回アジア選手権大会:日本代表選手の試合結果

今回参戦した日本代表選手の試合結果をまとめました。

※名前の後ろに付くWRとは、2021年第38週(9/21発表)の世界ランキングです。

 

男子団体

第3位 日本(木造勇人・篠塚博人・戸上隼輔・吉村和弘・村松雄斗)

 

女子団体

優勝 日本(早田ひな・佐藤瞳・芝田沙季・長﨑美柚・安藤みなみ)

 

男子シングルス

第3位 戸上隼輔:WR 106(明治大学)

Best8 木造勇人:WR 216(愛知工業大学)

Best8 吉村和弘:WR58(岡山リベッツ)

Best8 篠塚大登:WR 262(愛工大名電高校)

2回戦敗退 村松雄斗:ランキング外(東京アート)

 

女子シングルス

優勝 早田ひな:WR 27(日本生命)

第3位 安藤みなみ:WR87(TOP名古屋)

第3位 芝田沙季:WR 43(ミキハウス)

2回戦敗退 長﨑美柚:WR 57(日本生命

2回戦敗退 佐藤 瞳:WR 19(ミキハウス))

 

男子ダブルス

優勝 宇田幸矢/戸上隼輔:WR22

吉村和弘/木造勇人:ランキング外

 

女子ダブルス

第3位 長﨑美柚/安藤みなみ:ランキング外

Best8 佐藤 瞳/芝田沙季:WR98

 

混合ダブルス

優勝 戸上隼輔/早田ひな:ランキング外

3回戦敗退 木造勇人/安藤みなみ:ランキング外

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です