【東京オリンピック:卓球の結果まとめと感想】日本は金・銀と銅2つの計4つのメダルを獲得!

こんばんは。らっこです。

オリンピックに引き続き、パラリンピックが開催されていますね。ただ、テレビ放映される競技が少ないのが少し残念です。

早いものでオリンピックが終了して約1ヵ月ということで、卓球の結果をまとめておきます。今回のオリンピックは開催国ということで、全ての競技がリアルタイムで行われていたため、色々見ることができました。

 

卓球競技ではなんと4つのメダルを獲得しています。

混合ダブルス 水谷 隼/伊藤 美誠ペアが金メダル!

女子シングルス 伊藤 美誠が銅メダル!

女子団体 銀メダル!

男子団体 銅メダル!

 

少し前までは、日本の卓球選手がメダルを獲得することが大きなニュースになっていました。それが、今大会では「どの色のメダルなのか?」が注目されるようになり、日本の卓球が強くなったことがよく分かりますね。

このページでは、連日楽しませて頂いた卓球競技の結果と、東京オリンピックの感想をまとめました。

 

卓球 東京オリンピック:全種目のメダリストと日本選手の結果

混合ダブルス

金 水谷 隼/伊藤 美誠

銀 許 昕/劉 詩雯(中国)

銅 林 昀儒/鄭 怡静(台湾)

 

女子シングルス

金 陳 夢

銀 孫 穎莎

銅 伊藤 美誠

Best8 石川 佳純

 

男子シングルス

金 馬 竜

銀 樊 振東

銅 ドミトリー・オフチャロフ

Best16 張本 智和

Best16 丹羽 孝希

 

女子団体

金 中国(陳 夢/孫 穎莎/王 曼昱)

銀 日本(伊藤 美誠/石川 佳純/平野 美宇)

銅 香港(杜 凱琹/蘇 慧音/李 皓晴)

 

男子団体

金 中国(馬 竜/樊 振東/許 昕)

銀 ドイツ(ドミトリー・オフチャロフ/ティモ・ボル/パトリック・フランツィスカ)

銅 日本(張本 智和/丹羽 孝希/水谷 隼)

 

なんといっても混合ダブルスの金メダルは驚きましたね!

オリンピックの事前番組でも「金メダルに近いペア」とされてきた水谷/伊藤ペアでしたが、正直なところ「中国ってやっぱり強いしなぁ…」と思いながら見ていました。

決勝の中国戦も激しい戦いとなりましたが、準々決勝のドイツ戦が一番の山場だったのかもしれません。あの一戦を勝ち上がったことで、ペアとしての完成度がぐっと上がったように感じました。

 

東京オリンピック全体の感想

コロナ禍のオリンピック開催となり、直前まで「本当に開催されるのかな?」と思っていましたが、私自身はテレビ観戦で楽しい時間を過ごせました。外に出かけられない状況なので、普段のオリンピックよりも視聴時間が長かったようにも思います。

卓球の他に、見ていて楽しかったのはスケートボード・サーフィン・スポーツクライミングといった新競技。「技が決まった!!」とかは素人目にはよく分からない部分もあったけれど、ダイナミックでハラハラして目が離せませんでした。

あと、びっくりしたのがマラソンスイミングです。

プールではなく海・川・湖などの自然環境で10㎞泳ぎ続ける競技で、泳ぎながらの給水はニュースでも話題になっていましたね。東京湾の波をざぶざぶ受けながらもスピードを調整する駆け引きが楽しかったです。1980年代のオーストラリア発祥の競技で、私は知らなかったのですが北京オリンピック(2008年)から行われていました。パリではどこを泳ぐのかな?次回も是非チェックしようと思います!!

マラソンスイミングの簡単な競技説明・ルールはこの動画がおすすめ。

ももいろクローバーZ・あーりんが声優を担当しています!!(東京03飯塚さんも出演しています!)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です