【卓球 WTTシンガポール スマッシュ 2022:概要】2022/3/7(月)開幕!出場選手・試合日程・放映情報まとめ

こんにちは。らっこです。

2022/3/7(月)~20(日)の日程で『WTTシンガポール スマッシュ 2022』がシンガポールでスタートしました。

WTT (World Table Tennis)が開催する「グランドスマッシュ」の1大会で、世界ツアーとしては最高峰の大会です。

日本からも東京オリンピックメンバーをはじめとしたTOP選手が参加し、海外からも世界ランキング上位選手が出揃います。

 

では、早速『WTTシンガポール スマッシュ2022』の概要や注目選手をチェックしましょう。

→毎日の結果速報・アーカイブ動画情報はこちらのページで随時更新中。

 

このページはこちらの内容に興味がある方におすすめ
  • WTTシンガポール スマッシュ 2022の概要・見どころ
  • 日本からは誰が出場するの?
  • 試合日程と放映情報をチェックしたい!

WTTシンガポール スマッシュ2022ってどんな大会?

大会概要

まずは、今大会の概要を紹介します。

正式名称:WTTシンガポール スマッシュ2022

主催:WTT(ワールドテーブルテニス)

開催地:シンガポール・OCBCアリーナ

開催期間:2022年3月7日(月)~3月20日(日)

種目

  • 男子シングルス
  • 女子シングルス
  • 男子ダブルス
  • 女子ダブルス
  • 混合ダブルス

世界ランキング獲得ポイント(男女シングルス)

  • 優勝 2000ポイント
  • 2位 1400ポイント
  • BEST4  700ポイント
  • BEST8 350ポイント
  • BEST16 175ポイント
  • BEST32 90ポイント
  • BEST64 10ポイント

パリ五輪代表選考ポイント(日本卓球協会が設定)付与なし

 

▶関連記事:【卓球 パリ五輪代表選考ポイント表:最新版】

 

「WTTグランドスマッシュ」に分類される国際大会

WTT(World Table Tennis)は、2021年からITTFワールドツアーに代わってスタートした卓球の国際大会です。

WTT主催の大会は大きく分けて「グランドスマッシュ」と「WTTワールドシリーズ」に分類されます。

今回は「グランドスマッシュ」大会で、テニスのグランドスラムをイメージしたエンターテイメント性のあるイベントとなる予定です。

「グランドスマッシュ」

年間開催数 4大会(最大開催数)

実施種目 男女シングルス・男女ダブルス・混合ダブルス

出場選手数 シングルス各64名・ダブルス各24ペア・混合ダブルス16ペア

賞金総額 200万〜300万USドル

 

▶関連記事:WTT(World Table Tennis)シリーズってどんな大会?の解説はこちら。

 

パリ五輪代表選考ポイントは対象外

2024年パリオリンピックに向けた代表選考が2022年3月5日(土)・6(日)の「第1回パリ五輪日本代表選考会」からスタートしています。

2021年開催の東京オリンピックの場合、世界ランキングの上位選手から代表を選んでいたため、ITTFワールドツアーをはじめ世界選手権・アジア選手権などの国際大会が重要視されました。

しかし、パリオリンピックでは選考基準が変更され、国内の選考会・Tリーグなどの成績によるポイント制を採用しています。

国際大会は世界選手権・アジア競技大会・アジア選手権大会の3大会のみがポイント付与の対象となり、WTT開催の大会ではポイントは加算されません。

そのため、今回のWTTシンガポール スマッシュ2022はパリ五輪代表選考ポイントの対象外です。

 

WTTシンガポール スマッシュ2022の見どころとは?

今大会は、世界ツアーであるWTTのなかでも最高峰の大会です。

コロナ禍で国際大会の延期・中止が続出しているなか、世界ランキングの上位選手と戦える貴重な機会と言えるでしょう。

 

女子シングルスでは、東京オリンピックメンバーの伊藤美誠・石川佳純・平野美宇、第1回パリ五輪日本代表選考会優勝の早田ひならが出場します。

海外選手のなかでも中国選手は国内でさらに技を磨いているはずなので、現時点でどのような戦いになるのでしょうか。

 

男子シングルスでは、東京オリンピックメンバーであり第1回パリ五輪日本代表選考会でも優勝した張本智和らが出場します。張本選手に続いて国際大会で上位に食い込む選手が出てくるのか注目です。

 

WTTシンガポール スマッシュ2022の出場予定選手

では、日本からの出場予定選手をチェックしましょう。

※世界ランキング(WR)に関しては、2022年第10週の順位を記載しています。

 

男子シングルス

【本戦から参戦】

  • 張本智和(木下グループ):WR4
  • 宇田幸矢(明治大学):WR49
  • 森薗政崇(BOBSON)  :WR56

 

【予選から参戦】

  • 神巧也(T.T彩たま):WR61
  • 吉村和弘(岡山リベッツ):WR64
  • 戸上隼輔(明治大学):WR73

 

女子シングルス

  • 伊藤美誠(スターツ):WR3
  • 早田ひな(日本生命):WR6
  • 石川佳純(全農):WR8
  • 平野美宇(日本生命):WR15
  • 佐藤瞳(ミキハウス):WR22
  • 加藤美優(日本ペイントマレッツ):WR41

 

男子ダブルス

  • 宇田幸矢(明治大学)・戸上隼輔(明治大学):WR3

 

女子ダブルス

  • 伊藤美誠(スターツ)・早田ひな(日本生命):WR2

 

混合ダブルス

  • 張本智和・早田ひな(日本生命):WR5

 

WTTシンガポールスマッシュ2022の試合日程

WTTシンガポールスマッシュ2022は7(月)~9(水)が予選、メインドロー(本戦)は11(金)からスタートします。

海外での試合で気になるのが時差ですが、日本はシンガポールより1時間進んでいます。

ほぼリアルタイムで観戦できるのが嬉しいですね。

→毎日の結果速報・アーカイブ動画情報はこちらのページで随時更新中。

 

日程 男子シングルス 女子シングルス 男子ダブルス 女子ダブルス 混合ダブルス
3/7(月) 予選 予選
3/8(火) 予選 予選
3/9(水) 予選 予選
3/10(木)
3/11(金) 1回戦 1回戦 1回戦 1回戦
3/12(土) 1回戦 1回戦 1回戦 1回戦 1回戦
3/13(日) 2回戦 2回戦 1回戦・2回戦 1回戦・2回戦 1回戦
3/14(月) 2回戦 2回戦 2回戦 2回戦 準々決勝
3/15(火) 3回戦 3回戦 準々決勝 準々決勝 準決勝
3/16(水) 3回戦 3回戦 準決勝 準決勝 決勝
3/17(木) 準々決勝 準々決勝
3/18(金) 準決勝 決勝
3/19(土) 準決勝 決勝
3/20(日) 決勝 決勝

 

テレビ・ネットでの放映情報

WTTシンガポールスマッシュ2022は、ネットのLive配信で観戦できます。

チェンネルによって放映されるTable(卓球台)が違います。

見たい選手がどのTableでプレーするのかは、こちらの試合スケジュールで確認しましょう。

※今大会のテレビ放映はありません。

Live配信

WTT公式チェンネル(YouTube)::Table2~4を放映

テレビ東京 卓球チャンネル(YouTube) :Table1・2を放映

 

放映スケジュール(日本時間)

日程 WTT公式チェンネル
(YouTube)
テレビ東京 卓球チャンネル
(YouTube)
3/7(月) 11:00~予選
3/8(火) 11:00~予選
3/9(水) 11:00~予選
3/10(木)
3/11(金) 14:30~・20:00~ 14:30~・20:00~
3/12(土) 14:30~・20:00~ 14:30~・20:00~
3/13(日) 14:30~・19:30~ 14:30~
3/14(月) 14:30~・19:30~ 14:30~・20:00~
3/15(火) 14:30~・19:30~ 14:30~
3/16(水) 14:30~・20:00~ 14:30~
3/17(木) 15:00~・20:00~ 15:00~
3/18(金) 20:00~ 20:00~
3/19(土) 20:00~ 20:00~
3/20(日) 20:00~ 20:00~

 

▼関連記事▼

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です